04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 06

日本ソロー学会 The Thoreau Society of Japan

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

日本ソロー学会出版図書所収論文一覧 

Posted on 13:48:07

日本ソロー学会出版図書所収論文一覧
松島 欣哉

まえがき
 以下の資料は、日本ソロー学会創立50周年記念特別号として2015年10月22日に発刊した、『命の泉を求めて――日本ソロー学会50年の歩み』の163-166頁にかけて纏めた資料を、そのまま転載したものである。


1999年9月30日
 The Thoreau Society of Japan(Hirotsugu Inoue, Editor in Chief)
  Studies in Henry David Thoreau. Kobe: Rokko Publishing. [六甲出版]

Nishimura, Masami. “Thoreau’s Sense of Native Soil.” 3-11.
Kamioka, Katsumi. “Thoreau’s Real Sense of Place in Walden.” 12-21.
Kameda, Mieko. “H. D. Thoreau’s Humanization of Nature: Metamor-
phosis.” 22-29.
Itoh, Shoko. “A Study of Cape Cod: From Wilderness to Wasteland.” 30-42
Ono, Makiko. “Some Notes on ‘Unusual Experiences’ in Walden.” 43-52.
Okuda, Johichi. “A Significance of Seasonal Terms in Thoreau.” 53-65.
Ono, Kazuto. “‘A Living Way’ in Thoreau’s Poem ‘Old Marlborough Road.’”
66-75.
Iida, Ichiro. “Thoreau and the Indian: Savagism and Wilderness vs.
Civilization.” 76-86.
Ono, Michiko. “Thoreau and Art.” 87-104.
Fujita, Yoshiko. “Death in Cape Cod.” 105-15.
Ogata, Toshihiko. “East and West in the Case of H. D. Thoreau.” 116-25.
Miwa, Hisae. “A Study on Thoreau’s Translation, ‘The Preaching of
Buddha.’” 126-37.
Nakata, Yuji. “Steinbeck and Thoreau: or ‘Parallels must be related.’”
138-44.
Yorifuji, Michio. “On the Relation between Man and Nature in Faulkner
and Thoreau.” 145-57.
Murakami, Hiromi. “Comparative Studies on Thoreau and Rousseau
— Their Ideas on the Benefit of Walking —.” 158-67.
Matsushima, Kin’ya. “A Restoration of Faith in Nature: Thoreau’s
Assimilation of Sartor Resartus into Walden.” 168-76.
Tsunemoto, Hiroshi. “A Female Thoreau in Florida.” 177-82.
Motoyama, Chitoshi. “Thoreau in an Ethnic Perspective: Reading
Japanese American Nature Writing.” 183-95.
 Inoue, Hirotsugu. “Thoreau’s House and Huckleberry’s Raft.” 196-203.
Saito, Noboru. “The Poet called a Japanese Thoreau.” 204-10.
Anzai, Yoshimi. “A Brief History of the Thoreau Society of Japan.”
Tr. Michiko Ono. 211-19.
“A List of Paper Readings and Lectures at the General Meetings of the
Thoreau Society.” 220-29.
“A List of Papers Published in the Thoreau Society’s Bulletins.” 230-40.


2004年5月21日
 日本ソロー学会編(上岡克己 編集委員長)
  『新たな夜明け 『ウォールデン』出版150年記念論集』(金星堂)

 稲本  正  「環境問題におけるソローの現代的意味――漱石との比較を踏まえて」2-17.
 山本  晶  「英語版『ウォールデン』4点をみる」18-31.
 毛利 律子  「ユリイカ!ソローの小屋跡発見!――ローランド・ロビンズの功績」32-49.
 佐藤 光重  「眺めのいい小屋――「エコノミー」試論」52-62.
 山田 久美  「ソローと「蟻の戦争」」63-74.
 上岡 克己  「歪められた風景を修復する――『ウォールデン』の環境思想」75-84.
 伊藤 詔子  「地図と反地図――測量技師ソローと沼地のポリティックス」
85-98.
 小野 和人  「ソローと宇宙」100-12.
 常本  浩  「ソローとディズマル・スワンプ」113-27.
 高橋  勤  「ソローにおける身体の論理」128-40.
 小野 美知子 「早春の諸相――ソローが見ていたもの」141-52.
 松島 欣哉  「「クタードン」試論――文学空間としてのアメリカ原生自然」154-65.
 塩田  弘  「『コッド岬』の視覚像――中間地帯としての風景」166-75.
 中垣 恒太郎 「『コッド岬』と浜辺――アメリカ旅行文学におけるソロー」
176-87.
 井上 博嗣  「ソローとフロスト――自然観と人間観をめぐって」190-200.
 西村 正己  「ソローとカポーティ――ある読者の反応」201-10.
 依藤 道夫  「ソローとフォークナーにおける自然と人権」211-28.
 竹島 達也  「ソローと現代アメリカ演劇――『ソローが牢獄で過ごした一夜』を中心に」229-39.
 奥田 穣一  「宮沢賢治とヘンリー・ソロー」242-51.
 齊藤  昇  「ソローと木葉童子」252-62.
 上岡 克己  「日本におけるソロー受容史――年表」263-68.
 長島 良久  「ヘンリー・D・ソロー著作邦訳書誌(1909-2004)」269-82.


2012年10月1日
 小倉いずみ 編集代表
  『ソローとアメリカ精神 ―― 米文学の源流を求めて
    ヘンリー・ソロー没後150周年記念論集』(金星堂)
(日本学術振興会科学研究費補助金研究成果公開促進費学術図書
課題番号:245042)

 佐藤 光重  「農場は舞台――「マメ畑」、「ベーカー農場」における建国史の寓話」3-17.
 竹内 美佳子 「ソローの瞑想的パストラル――『コンコード川とメリマック川の一週間』」18-29.
 中垣 恒太郎 「旅行文学としての『コンコード川とメリマック川の一週間』」
30-44.
 岩政 伸治  「テリー・テンペスト・ウィリアムスが示したソローのレトリック」45-60.
 上岡 克己  「ソローとウィルダネス――『メインの森』再考」61-76.
 小澤 奈美恵 「『メインの森』のペノブスコット族――ソローが描かなかったもの」77-90.
 山田 久美  「異邦人のまなざし――ソローのカナダ紀行」91-104.
 小野 和人  「非日常空間としての夜――作品『月』について」105-21.
 山本 洋平  「明白ならざる運命――『ウォールデン』における動物表象」
125-41.
 山口 敬雄  「帰化する種子――ThoreauのCape Codと移民」142-55.
 深瀬 有希子 「コンコードの「空飛ぶアフリカ人」――所有と継承をめぐ
         る問題」156-68.
 高橋  勤  「『ウォールデン』における奴隷制表象――「より高い法則」
         をめぐって」169-84.
 伊藤 詔子  「〈ブラック・ウォールデン〉とソローの8月1日――3.11
         後に“Paradise (To Be) Regained”を読む」185-202.
 藤田 佳子  「ソローからミューアへ――自然の感覚における継承と変容」
203-18.
 佐久間 みかよ「エマソンのネットワーキングとソロー」221-36.
 小倉 いずみ 「エマソンとソローにおける言語と象形文字」237-55.
 堀内 正規  「エマソンの〈自然〉――岩田慶治の〈アニミズム〉の視点
         から」256-68.
 髙梨 良夫  「運命、本能、力――エマソンの後期思想の考察――」269-83.
 松島 欣哉  「十九世紀アメリカの国民文学意識と超絶主義者たち」
         287-303.
 井上 博嗣  「ソローとホーソーンの文学的交流」304-15.
 小野 美知子 「ルイザ・メイ・オルコットのソロー観」316-29.
 白川 恵子  「奴隷的不服従――ルイザ・メイ・オルコットのセンセーシ
         ョナル・スリラーにおける抵抗と復讐」330-45.


書誌情報  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。